ことりの森

kotoriri.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

きもち

お久しぶりのブログ。
まさか、こんな時代になってしまうとは思っていなかった・・。
3/11日の地震発生後、私の人生がこんなにも変わってしまうとは・・。
それまでは、なんて普通の幸せな暮らしだったのか・・。
今はまるで正反対の、未来の見えない真っ暗な洞窟にいるよう。

その日、私の住んでいた東京もかなり揺れ、『もうダメかも?』とムスメを抱きながら
本気で思った。その後の津波による東北の甚大な被害、都心の帰宅困難者のニュースを
見るたびに、『うわっー、大変な事になってしまった』と、思った。
実家は大丈夫なのか?
友達は家に帰れるのか?
あの子の実家は仙台じゃなかったっけ?
福島のあの子は無事かな?
ほんの数分のうちに色々な事が頭をよぎったけど、東京の余震も何度も強いのが続き、
本当に涙が出るほど怖かった。
情報が知りたくて、テレビを付けっぱなしにしてたら、日を追うごとに地震や津波による被害の
凄まじさを知り、いつの間にか私の心も持っていかれ、涙が毎日頬をつたった。

そんな中、原発に詳しいパパは『地震より原発が心配だよ!』と言い出したけど、
私は『ふ〜ん、そう??』位の軽い気持ちで聞き流していた。
でもパパの考えていた通りの事態になってしまった・・。
そうなってみて初めて私も、
今まで原発に関して無知であった事、
そんな事は絶対に起こらないと思い込んでいた事、
私には関係ないと思っていた事、
を知らされた。

それでも最初は、まるで夢うつつな感じで、映画みたい・・と思い、本当なの?って感じだった。
夜も2時間くらい寝ると目が覚めてしまい、食欲もない。
頭の中が色々な考えでグルグルしてる。
そんな日が続く中で、ここには居られない、という判断に至った。
私達にはこの子を守る義務がある。
なるべく早く避難しなければならない。
荷造りしないと!
もう2度と戻れないかもしれないから、大事なものは持って行こうと言われた。
泣きながら荷造りした。

どうしてこんな事に・・。
もう2度と東京には戻って来れないの?
家族や友人に会えるのはいつ?
これからどうやって生きて行けばいいの?
そればかりずっーと考えてた。

頭の中はグルグルし、涙も出て来たけど、放射能被害の恐ろしさを知った今、
この状況を受け入れなければならないんだと思い、手早く荷造りを終えた。

この危険な状況を、友人達にも知らせて避難させなきゃ、と思ったけど、余計なお世話なのかな
と思ったり、感じ方違うかもしれないし・・と思って、かなりためらった。
でも、話してみるだけでもと思って、電話してみたりもした。
その時はうまく説明出来なかったかもしれない。
家族や友人には安全なとこに行ってもらいたいと本当に本当に思った。
だけど、家族にはそれぞれの事情があり、
行きたくても行く場所がない人、
自分は行きたいけど旦那さんはそう思ってない人、
仕事があるから行けない人、
本当にそれぞれ。
そうだよね・・。
家族で決める事だから、私が何と言おうと無理よね。
でも、もし、本当に東京に居られなくなった場合、kobachi-chanがいるとこは?
と思い出して、頼りにしてもらうという事が出来ればいいんじゃないかと、
それだけでも伝えたいと思って言えた一言。
行くとこがなくなったら、ここを頼って来てよ、という一言を言えて、
私の友人達に対する気持ちも少し落ち着いた。

とりあえず避難はしたけど、気持ちも落ち着かない日々が続いた。
どうしてこんな事になってしまったの・・。
私達はこれからどうなるの?
私のムスメの将来は?
未来に希望はあるの?
毎日そればかり考え、毎日涙が出た。
今日はいったい何日で何曜日なのかも分からない。時間もあっという間に過ぎて行く。


これからどうなってしまうんだろう?

少しは前向きに考えないと、とは思うけど、今の原発の状況が改善する様子はないし
むしろ悪化する一方で、どうやって前向きに考えられるんだろう?
廃炉になってくれない限り、将来の見込みはないような・・。
政府、マスコミは沢山の情報を隠し、それを信じきってる父にどうやって
本当の事実を知らせられるのか?
これから梅雨が来て、東北にも放射能まみれの雨が降り、実家の田んぼも畑も汚染され、
テレビの情報を鵜呑みにし、『こっちは何ともないよ。大丈夫だよー!』と信じきってる
私の家族は、自分達で作ったお米や野菜で内部被曝してしまうというのに。
妹はまだ若いし、結婚もしてない、子供が出来るのはこれからなのに・・。
私は仕事で何人もの癌患者さんを看取って来たけど、それはいつだって本当に悲しかった。
私の仕事だから泣いてはいけないと思い、努めて気丈にふるまってはいたけど、
おいて行かれる家族の気持ちを考えると胸が痛かった。
それが、もしかしたら自分の家族に起こるかもしれないなんて、絶対に許せない。
5年後?10年後?
どうなっているんだろう・・。

どうか、福島だけではなく、全ての原発が止まって、これからでもいいのだから
安全に暮らせる土地になるよう願う。。。
でも、願うだけじゃダメなのかな?
私にも子供ができて母となった今、子供達の為に何かアクションを起こさなければならないのかな?
今の私には、その為には何をすればいいのか分からないし、そんな力があるのか分からないけど、
こうゆう時代が来てしまった今、地震前のような気持ちには2度と戻れない。
今までの価値観が全く通用しない時代になってしまった。
オシャレして、映画観て、ショッピングして〜、新宿の・・に行きたいなーなんて
今は全く興味がないよ・・。
もう東京には魅力も感じない。
お花見、ディズニーランド、あのブランドの洋服・・・。
そんなのどうでもいいから、普通の生活が欲しい!それがずっーーと続くように!

これからどうなってしまうの?
何回そう思ったんだろう?
でも、今を生きなければならないし、同時進行でこれから起こるべき事に対処できるように
今から行動もしていかなければならない。
私は、普通に生活が送れればそれで良かったんだけどな・・。
ハワイに行きたい、温泉行きたい、美味しい物食べたい、希望ばかり言ってた自分が恥ずかしい。

2度とあの日々が戻ってこないなんて・・。
それだけはハッキリ分かった。
悲しいけど。

どうしたらいいの?
どうなっちゃうの?
これを考えなくていいようになるには、あと何日かかるのかな。
私の今のきもちです。
[PR]
by kobachi-chan | 2011-03-30 18:01 | 暮らし